1. 大丈夫か国会議員

大丈夫か国会議員
2016-02-18

甘利前大臣の口利き金銭授受問題,宮崎議員不倫問題,島尻大臣歯舞問題,丸川大臣追加被爆線量無根拠発言問題,佐藤議員政治資金刑事告発問題,丸川議員黒人奴隷発言問題。

無理くり呼称を付してみました。ちなみに,高市早苗総務大臣の電波停止発言問題については,捉え方や考え方の問題であるがゆえに,あえて挙げませんでした。

甘利さんの件は,当人のいっていることが正しいのか「安倍内閣口利き疑惑追及チーム」や口利き依頼側のいっていることが正しいのか分かりませんが,少なくとも適切に処理できていなかった甘利事務所に問題がありますし,民主党が立ち上げた「安倍内閣口利き疑惑追及チーム」たるチームの名前は,明らかにおかしなものです。

もっといえば,乗っかる甘利事務所も甘利事務所ですが,口利き依頼主が本件を公表したことには,いい気はしません。公表したということは,そのお金が不正に処理されることを分かっていて,しかもそれが犯罪であることを分かっていたと推測することもできます。

宮崎議員不倫問題については,育休を取得したいといって,男性で国会議員で率先して育休取得に尽力し,家庭的な奥さまとお子さま想いといった印象を与えた議員だけあって,不倫が発覚すると,余計に追及にあわれたようですね。

国会議員が育休を取得することについては,条件付きの賛成です。国会議員というのは,正当に選挙された国民の代表者であって,国会に集い,予算案や法律案などを審議し,これについて意思を表示し,最終的には国民の意思を決定するわけですから大変重要な職業です。

重要な職業あるからこそ,多額の歳費その他諸金銭が支払われています。その国会議員が育休を取得するに際しても,歳費は支払われることでしょう。しかし,国民の代表者としての職責を満足に果たすことができない以上は,その歳費は我が国の労働者の平均月収以下に抑えることが必要です。

国会議員の歳費,旅費及び手当等に関する法律によって,国会議員の歳費月額は,129万4000円と決まっています。そして,平成26年度の平均給与は415万円(月々34.583…円)です。

島尻大臣歯舞問題。「北方領土の四島の名前すべてをお答えください。」と聞いてサラッとお答えになるか心配になってしまいます。択捉,国後,色丹,歯舞。内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策担当)に任命されたということは,沖縄県及び北方に対する政治的な熱意があるとみて間違いはないと思うのですが,これに疑問符を打たざるを得ません。

丸川大臣追加被爆線量無根拠発言問題。どのような趣旨で発言されたのか存じませんが,私が怪訝に思うのは,それだけのお考えがあったにもかかわらず,迅速な対応をされなかったことです。無根拠とお考えであったならば,直ちに適正な基準をお示しになって,修正し,直ちに関係各所に改善した措置について指示されることが賢明であったように思いますが,それをされなかったというのは,いかがかと思うのです。

佐藤議員政治資金刑事告発問題。少し前の話題であって,刑事告発説が浮上したために再びライトを浴びた記事を推察されますが,印象になく新しい問題のように思えています。真偽のほどは,わかりませんけれども仲間であろうとも不正を正そうとする姿勢は良いものであると思います。

丸川議員黒人奴隷発言問題。ニュースでは,オバマ大統領の出身は黒人でなかったから陳謝したようなつくりでありましたが,最も重要な論点はそこなのかという疑念を抱きました。問題は,黒人を差別するような発言をされたことにあり,その上でオバマ大統領の出身が異なっていたという事実を考えれば,不実のことを国会という場で発せられたのですから,陳謝されるというのが筋であると思います。もうひとついいますと,出身が違えど差別的な発言をされたこと及びその発言をしたことによりオバマ大統領に不快な思いをさせてしまったことを謝罪されるべきであって,出身云々は慎重に触れられるべきであったと思います。

大丈夫なんでしょうか。国会議員の皆さまは。